Metyatoku

3月のライオンの意味は?アニメ版を見てなかなか面白いストーリーだと思った

   

娯楽としてアニメを見ている私ですが、今期は3月のライオンも見てみました。

3月のライオンは羽海野チカによる日本の漫画作品だそうです。

『ヤングアニマル』にて連載している漫画です。

最初ほのぼの系なのかな?と思いましたが、劇的な展開などがあったりするのだろうか。

気になります。

スポンサーリンク

ところでタイトルの「3月のライオン」の意味が気になる方もいるようで、私も若干なんで3月のライオンなんだろうとは思っていました。

wikiなどに簡単に説明もされていましたよ。

wikiから引用させてもらうと

コミックス表紙などには英題「March comes in like a lion」が書かれている。

映画『三月のライオン』を羽海野は観ていなかったが「おかっぱの女の子が食べかけのアイスをくわえている」映画ポスターと映画タイトルの印象が残っていた。この句はイギリスの天気の諺「3月はライオンのようにやってきて、子羊のように去る(March comes in like a lion and goes out like a lamb)」(en:Weather lore#Lion and Lamb参照)からであるが、羽海野は「物語がつくれそうな言葉」と感じていた[6]。

また、監修の先崎は、6月に始まる順位戦は昇級、降級を賭けた最終局が3月に行われるため、棋士が3月にライオンとなる旨をコメントしている[7]。

という事になります。

簡単に説明すると、2つの理由があると考えられます。

1つは映画『三月のライオン』に影響されたという事。

もう1つは棋士を題材にしているため、棋士の気持ちが激しくなる時期をタイトルのテーマに使っている。

と私は理解しました。

 

wikiの内容から判断すると、こんな感じなのでしょう。

この記事を書いている段階ではアニメ版は6話まで終わったのですが、やっと主人公がなぜ棋士を目指す事になったのか、なぜ1人暮らしをしているのか?などが分かり、物語の全体図が見えてきました。

ほのぼの系になるのか?スポコンのような勝ち上がるストーリーなのか?いったいどのようになるのか気になってはいます。

今の所、大変気に入ってるアニメです。

3月のライオン 1 (ジェッツコミックス)

3月のライオンに関するツイッターの反応

スポンサーリンク

 - 漫画・アニメ